手彫りはんこの購入

郵便物の受け取りや、回覧板など普段何気なく使っているはんこですが、その意味や使い方をよく理解できている人はあまりいません。実際、はんこは押すだけで法的な効力が発生するとても重要なものです。そういう意味で、100円ショップや文房具店などで売られている、大量生産されたはんこを使うのは、あまりおすすめできません。では、どのようなはんこを使えばいいのでしょう。

通帳とハンコはんこには認印、銀行印、実印とあります。認印は、簡単な事務処理や宅配便の受け取りなど日常的に最もよく使われるものです。銀行印は口座を開設する際に必要となり、実印は住宅ローンや不動産の売買など重要な契約書などに押されるはんこです。日本ははんこ文化と言われるほど、はんこに信用を求める社会です。はんこを押すことで、責任を背負うことになるわけです。ただ、その時大量生産のはんこを使っていたらどうでしょう。誰でも偽造ができ、その当人になり替わることができるのです。

自分の知らないところで、自分のはんこを押され、知らない契約を結んでいるということも実際に起こらないわけではありません。つまり、はんこは偽造されないものを作らなければいけないのです。その偽造されないはんことは、職人による手彫りのはんこです。ただ、手彫りのはんこと聞いて堅苦しく考える必要はありません。最近では通販でも手彫りのはんこが手に入るのです。ちなみに、はんこ専門通販サイトの“いいはんこやどっとこむ®”でも、手彫り仕上げや完全手彫りなど4種類の作成方法から印鑑を選ぶことができます。

いいはんこやどっとこむでは、手彫り仕上げ・完全手彫り・大周先生彫り・機械彫りの4種類の作成方法から印鑑をお選び頂けます。
当店の印鑑は熟練した職人により、一本一本丹精込めて作成しておりますので、仕上がりには絶対の自信を持っております。

このサイトは、その手彫りによるはんこの購入について説明します。