はんこ作りのすすめ

誰もが必ず1本は持っているのが、はんこです。はんこは、例えば宅配便の受け取りや回覧板に使われますし、もっと重要な場面としては住宅ローンの契約や自動車の購入時にも必要となります。このように、日本はあらゆる場面ではんこが登場する、はんこ文化の国とも言えるのです。

書類に押すハンコはんこの意味としては、その書類に書かれた内容を確認したり、認めたりしたという証拠として押されるものです。つまり、はんこは押したのが本人であるという証明となるものなのです。それほど重要な意味を持つはんこですが、ほとんどの人は、100円ショップなどで売られている大量生産されたものを使っています。

もちろん、大量生産されたはんこでも宅配便の受け取り程度であれば問題はありません。ただ、銀行で口座を作る場合や、住宅ローンを組む場合などはやはりそれに見合ったはんこを作らなければいけないのです。また、はんこの種類としては認印、銀行印、実印がありますが、たとえ認印であろうと、一度押せばそこに法的な効力が発生しますので、やはり大量生産のものは控えたほうがいいですし、銀行印や実印であればなおさらです。はんこは日常的に使われるものですので、やはり自分自身のはんこを作ることをおすすめします。