手彫りの特徴

ハンコはんこを作る際、気を付けるべき点として、手彫りか機械彫りかがあります。大量生産品として売られているものでなくとも、実際は機械で彫られているものがあるのです。わざわざはんこを作ってもらっても、機械で彫られたものであれば、はんこの本来の意味である本人証明の意味がなくなってしまいます。はんこは手彫りすることで、唯一無二のものになり、それこそが本人であることを証明するものとなるのです。

手彫りには機械にはできない技が随所に織り込まれています。例えば枠の太さにしても、機械彫りは線が太く見た目に雑さがあります。その点、手彫りは線が細く流麗で、細くともしっかりと印影として残るのです。また、枠内の文字にしても、機械彫りはバランスが悪く、文字自体の躍動感も乏しくなります。手彫りの場合、文字は何度も下書きを行い、バランスを整えていき、機械では不可能な繊細な文字を掘ることができるのです

手彫りのはんこは、2本として同じものはできません。そのため偽造防止には大きな効力を持ちますので、安心して使えるのです。また、単純に使うことが楽しくなるのも、手彫りはんこの大きな特徴でしょう。きれいな印影、しっくりと手に馴染む感覚は、機械では出せない味です。はんこを購入するのなら、手彫りに限ります