手彫りの特徴

ハンコはんこを作る際、気を付けるべき点として、手彫りか機械彫りかがあります。大量生産品として売られているものでなくとも、実際は機械で彫られているものがあるのです。わざわざはんこを作ってもらっても、機械で彫られたものであれば、はんこの本来の意味である本人証明の意味がなくなってしまいます。はんこは手彫りすることで、唯一無二のものになり、それこそが本人であることを証明するものとなるのです。

手彫りには機械にはできない技が随所に織り込まれています。例えば枠の太さにしても、機械彫りは線が太く見た目に雑さがあります。その点、手彫りは線が細く流麗で、細くともしっかりと印影として残るのです。また、枠内の文字にしても、機械彫りはバランスが悪く、文字自体の躍動感も乏しくなります。手彫りの場合、文字は何度も下書きを行い、バランスを整えていき、機械では不可能な繊細な文字を掘ることができるのです

手彫りのはんこは、2本として同じものはできません。そのため偽造防止には大きな効力を持ちますので、安心して使えるのです。また、単純に使うことが楽しくなるのも、手彫りはんこの大きな特徴でしょう。きれいな印影、しっくりと手に馴染む感覚は、機械では出せない味です。はんこを購入するのなら、手彫りに限ります

大量生産品と手彫り

ハンコと書類はんこは、簡単な受取りから重要な書類まで様々な場面で利用されます。しかし、このはんこの重要性をしっかりと理解している人はあまりいないのが現状なのです。日本において、はんこは本人であることを証明するものとしての意味を持ちますので、はんこを押したからには、その書類には責任が発生するのです。

100円ショップや文房具店に売られている大量生産品のはんこは、同じ苗字であればどれも同じ印影です。つまり、自分でない第三者にはんこを悪用される恐れがあるのです。こうしたことを防ぐためには、やはり手彫りのはんこを作ることが最も効果的と言えます。はんこは、手彫りすることで偽造が難しくなりますので、悪用の心配がなく、また自分だけの1本ということで、愛着もわいてくることでしょう。

手彫りのはんこは、1本1本、職人の手により丁寧に作られていきます。そのため、時間がかかりますが、唯一無二のものが手に入るわけですので、この待つ時間は何ものにも代えがたい時間ともなるのです。また、手彫りは偽造防止の役割の他にも、その印影の美しさが際立っています。朱肉の馴染みもよく、大量生産品とはまったく別物と考えていいほどの逸品でしょう。このようにはんこは、職人による手彫りで作るのが好ましいのです。

はんこ作りのすすめ

誰もが必ず1本は持っているのが、はんこです。はんこは、例えば宅配便の受け取りや回覧板に使われますし、もっと重要な場面としては住宅ローンの契約や自動車の購入時にも必要となります。このように、日本はあらゆる場面ではんこが登場する、はんこ文化の国とも言えるのです。

書類に押すハンコはんこの意味としては、その書類に書かれた内容を確認したり、認めたりしたという証拠として押されるものです。つまり、はんこは押したのが本人であるという証明となるものなのです。それほど重要な意味を持つはんこですが、ほとんどの人は、100円ショップなどで売られている大量生産されたものを使っています。

もちろん、大量生産されたはんこでも宅配便の受け取り程度であれば問題はありません。ただ、銀行で口座を作る場合や、住宅ローンを組む場合などはやはりそれに見合ったはんこを作らなければいけないのです。また、はんこの種類としては認印、銀行印、実印がありますが、たとえ認印であろうと、一度押せばそこに法的な効力が発生しますので、やはり大量生産のものは控えたほうがいいですし、銀行印や実印であればなおさらです。はんこは日常的に使われるものですので、やはり自分自身のはんこを作ることをおすすめします。

手彫りはんこの購入

郵便物の受け取りや、回覧板など普段何気なく使っているはんこですが、その意味や使い方をよく理解できている人はあまりいません。実際、はんこは押すだけで法的な効力が発生するとても重要なものです。そういう意味で、100円ショップや文房具店などで売られている、大量生産されたはんこを使うのは、あまりおすすめできません。では、どのようなはんこを使えばいいのでしょう。

通帳とハンコはんこには認印、銀行印、実印とあります。認印は、簡単な事務処理や宅配便の受け取りなど日常的に最もよく使われるものです。銀行印は口座を開設する際に必要となり、実印は住宅ローンや不動産の売買など重要な契約書などに押されるはんこです。日本ははんこ文化と言われるほど、はんこに信用を求める社会です。はんこを押すことで、責任を背負うことになるわけです。ただ、その時大量生産のはんこを使っていたらどうでしょう。誰でも偽造ができ、その当人になり替わることができるのです。

自分の知らないところで、自分のはんこを押され、知らない契約を結んでいるということも実際に起こらないわけではありません。つまり、はんこは偽造されないものを作らなければいけないのです。その偽造されないはんことは、職人による手彫りのはんこです。ただ、手彫りのはんこと聞いて堅苦しく考える必要はありません。最近では通販でも手彫りのはんこが手に入るのです。ちなみに、はんこ専門通販サイトの“いいはんこやどっとこむ®”でも、手彫り仕上げや完全手彫りなど4種類の作成方法から印鑑を選ぶことができます。

いいはんこやどっとこむでは、手彫り仕上げ・完全手彫り・大周先生彫り・機械彫りの4種類の作成方法から印鑑をお選び頂けます。
当店の印鑑は熟練した職人により、一本一本丹精込めて作成しておりますので、仕上がりには絶対の自信を持っております。

このサイトは、その手彫りによるはんこの購入について説明します。